関東旅行でおすすめのホテルはこんなホテル!

関東旅行でおすすめのホテル!あったよこんなホテルがわかるサイト

日光東照宮と鬼怒川温泉

駅を降り立ち飯野八幡に向かい、石橋を渡れば、赤く立派な桜門をくぐりぬけ、神社本殿へ。
前九年合戦後の康平6年(1063年)、源頼義によって創建されたと伝えられる。
塩屋埼灯台周辺は、磐城海岸県立自然公園に指定されていて、太平洋に臨み潮の流れが激しい場所でもあります。
海岸一帯は、海水浴やマリンスポーツなどが盛んです。
1957年(昭和32年)映画「喜びも悲しみも幾歳月」は塩屋埼灯台長の手記からの題材での脚本で有名で、また、故美空ひばりさんの歌う「みだれ髪」の歌碑には沢山の人が訪れています。
「憎や 恋しや 塩屋の岬」と高音のいい歌声もいまだに耳に焼き付いています。
東京ドーム6個分の広さを誇り、雪化粧の似合う難攻不落の名城とも言われる鶴ヶ城は、都心から新幹線を乗り継いで2時間半。
資料展示があり、戊辰戦役で新政府軍猛攻による籠城1か月でも城落せず。
平成に赤瓦ふき替え工事完了で、幕末当時を偲ばれます。
現在残る国内唯一の赤瓦の天守閣を誇ります。
お城の近隣施設で、会津伝統張り子玩具の赤べこ絵付け体験もできます。
那須高原付近の散策も自然を満喫できます。
1888年の磐梯山爆発での7つの沼である絶景は、五色沼です。
湖沼群は天候や季節により水面の色が5色に変化します。
トレッキングもでき、ボートに乗ることもできます。
地元の温泉や名物料理を堪能してオーシャンビューホテルなどで、小旅行気分が満喫できます。
スパリゾート ハワイアンズやアクアマリンふくしまなど、有名な施設も揃っています。

興味の深いところから

日光東照宮は数十年ぶりに蘇る「陽明門」は見どころの一つ。 鬼怒川温泉の人里離れた秘湯で、ゆっくりできる宿を見つけてしまいましょう。 泉質の異なる4つの秘湯が楽しみです。 那須烏山市の竜門の滝は、高さが約20メートルもあり桜の時期には電車が通れば一緒にSNS映え。

様々な温泉効能

温泉の入り方は、最初に入浴する前か後に、水を一杯飲むことで血液の粘度が高まるのを抑えます。 湯あたりには気を付けて下さい。 ホテルや旅館に到着しても、少し休憩して落ち着いてから温泉に入ります。 湯船に入る前のかけ湯は、心臓から遠い足先から徐々に身体全体に、がベストです。

カラーコーディネート

SNS映えを意識して、フォトジェニックな写真を撮りたいのはみんな同じです。 色使いがカラフルで、気を引かれる、はっとするもの。 プロ仕様で自然な光線が感じられて、お洒落な雑誌風のもの。 アート作品のような食べ物や、ハンパない盛り付けのもの。 絶景で素敵な景色を見てみたかったもの。